2017年11月20日月曜日

重要!!『プール制による交通費補助』についての紹介

こんにちは。
U26運営委員 会計担当の橋本和磨です。

2018年2月23日〜25日に京都で行われる全国集会の募集要項が出ましたね!

今回は募集要項にも書いてある
「プール制による交通費補助」について紹介致します。

プール制とは
「みんなの負担をなるべく同じように」する制度のことです。

あとで詳しく説明しますが、このプール制の少しでも足しになればと思い
全国のバザーで小物入れを販売していました!
10/19のブログ記事「U26バザーブースのお知らせ!!」をご覧ください!

まず、
1.実際どのくらい補助が出るのか
その次に、
2.なぜプール制を導入しているか
についてお話しします。
少し長くなりますが、ご了承ください。


1.実際どのくらい補助が出るのか
昨年のデータ(参加人数、交通費、教区補助)と今年の参加費で
いくら補助が出るのか計算してみました。
したがって、今回の集会で以下と同じ額が返金される訳ではないので、ご注意を!!

北海道や沖縄、九州、東北などの
飛行機・新幹線を利用して2.5万円かかった方は1.8万円ほどプール補助がでる計算になりました。

逆に大阪や京都、遠方でも教会からの補助が多く出てる方は
申し訳ありませんが、プール補助が出ない場合もあります。
しかし、プール補助をもらった人と比べて
実負担額(=参加費+交通費-教区補助-交通費補助)は、同じか低くなります。

基本的な返金のルールは
実負担額がもっとも多い人にもっとも多く返金するようにしています。
つまり"実負担額の最大"が最小になるように返金しています。
今回の計算では
実負担額の最大は2.5万円になりました。

※再度ですが
あくまでこの計算は昨年のデータを用いた
シミュレーションであり、今年もその通りになる訳ではありません。


2.なぜプール制を導入しているのか
「全国集会」なので日本の全国から参加者が集まります。
会場はアクセス面を考えて関東・関西で行われる場合が多いです。
となると、北海道や沖縄、九州、東北などから来る参加者は
毎回交通費の負担額が大きくなってしまいます。

このような交通費の不平等を少しでも減らしたいと思い
プール制を導入しております。
プール資金は参加費に含まれています。

そして、今年度は!
このプール資金に少しでも大きくしたいと考え、
副代表の匠くんが小物入れ作成して
委員全員で教会バザーで販売し、その利益をプール資金に加えました!

また同時にサポートボックスへの寄付を募り、
多くの方から、U26の活動をご支援して頂きました。
この寄付もプール資金に加えております。



プール制について理解して頂けましたでしょうか?
1人でも多くの人とU26全国集会で会えることを楽しみにしています!
京都で会いましょう!


北関東教区
橋本 和磨

2017年11月17日金曜日

第6回U26全国集会の募集開始!!



+主の平和

皆様こんにちは!!

寒い日が続きますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

お待たせいたしました!!
2018年2月23日(金)~25日(日)で開催されます、第6回U26全国集会の募集を開始します!!

募集方法は、募集要項のQRコードを読み取っていただくか、下記のURLのGoogleフォームから応募してください!!
募集要項に詳しく記載していますが、FAXの応募方法もあります!!

詳しくは下の画像をご覧ください!!

全国の青年が一人でも多くつながり、教会の生活がより楽しく豊かになるよう運営委員一同、集会を準備しております。

皆様の参加をお待ちしております!!
申込フォームはこちらから↓↓




2017年10月26日木曜日

神戸教区活動報告


+主の平和
こんにちは!神戸教区のまやです。

神戸教区の夏の青年活動の報告です!



神戸教区には夏に大きなイベントがいくつかあります。



1つ目は広島平和礼拝です。これは全教区からたくさんの方が来られる大きな行事です。主なプログラムは平和公園の碑巡りや講話、カトリックとの合同プログラム、聖餐式などがあります。近年広島の教会以外の青年の参加が少なくなっていたので、教区の青年に呼びかけたところ5名(他教区からも数名)の青年が参加しました。ヒロシマという都市が教区内にあるけれどあまり深く考えたことがないという人、修学旅行で行って以来行ったことがないという人もいました。自分たちの意思で足を運ぶことで、自分の目で見て肌で感じて考えることができ良い時間を過ごすことができたと思います!



2つ目は中高生大会です。これは教区の中高生のためのキャンプですが、大学生以上の青年はCS(キャンプサーバー)として参加します。時に中高生のお手伝いをし、時に中高生と本気で戦い、時に教役者と一緒に恐怖の肝試しを作ります。多くの青年が中高生の頃、このキャンプに参加をしていました。私も中高生の時にはCSさんにたくさん助けてもらいました。なので高校を卒業して青年になると自分たちがしてもらったように中高生のため、また中高生大会のために奉仕をします。今年は北関東や京都からも青年の参加があり、各教区のキャンプ事情を聞いたりしながらみんなで楽しめました!



3つ目は青年交流会ワークキャンプです。これは地方の教会から依頼を受け青年みんなで作業をするというキャンプです。今年は鳥取県にある米子聖ニコラス教会で窓枠の修繕と駐車場のライン引きを行いました。教会の方や、教役者の先生方に指導してもらいながら、持ったこと使ったことのない道具を使い作業をしていきます。シリコンやペンキまみれになりながらみんなで楽しく作業をすることができました。夜ご飯には山陰の美味しい魚などをいただきながら団欒もできとても有意義な時間を過ごせました!



今年は教区のキャンプに他教区からの参加者があったり、他教区のキャンプにお邪魔したりと、他教区の青年と繋がることができとても嬉しかったです!これからも教区内外を問わず、青年の繋がりがどんどん広がっていったらいいなと思ってます!



長くなってごめんなさい。笑



神戸教区 神戸聖ミカエル教会

ノーリッジのジュリアン 小林真綾
                             ワーク

平和礼拝

2017年10月19日木曜日

U26バザーブースのお知らせ!!


+主の平和

お知らせです。

今回、運営委員でu26に参加する人たちのお金の面でなかなか参加したいのに参加できない人のために少しでも負担軽減を図るためにバザーに小銭入れを出させていただくことになりました。
写真のような感じです。牛革のコインケースです!!いい感じに渋くなっております。
個人的欲しい方や教会においてもいいなどありましたら、
こちらのnskk.u26@gmail.comまでお願いします。
出品場所は10月22日に京都教区の聖光教会と北関東教区の大宮聖愛教会で行います。
あと、10月29日に京都教区の京都聖マリア教会、11月3日に京都教区の桃山基督教会で行います!もしお時間があればお立ち寄りください。お願いします!!!!




u26運営委員一同

2017年10月13日金曜日

東京教区から、夏の青年活動の報告です!

こんにちは。 東京教区の新妻です。
東京教区から、夏の青年活動の報告です!

東京教区には、数年前に「教区青年会」が青年たちの意見から、青年たちの手によって作られました。
私が、今日皆さんにご報告(というよりご紹介)したいのが、この夏の、教区青年会による一大イベント「小笠原PJ(おがさわら プロジェクト)」です!!

皆さんは、東京から南南東約1000kmにある小笠原諸島に聖公会の教会があることをご存知でしょうか?
父島にある、小笠原聖ジョージ教会。
小笠原にある、唯一の聖公会の教会であり、
第二次世界大戦の荒波に飲まれたとても歴史のある教会です。

そんな小笠原聖ジョージ教会を東京教区の青年たちが訪ね、歴史を学び、小笠原の方々と交流を深めることを目的として、小笠原PJが始まりました。
小笠原諸島には、フェリーで24時間揺られるほかに私たちが行く手段はありません。しかもフェリーが出航するのは一週間に一回!びっくりですね!
そして、この夏、2017年の9月1日から6日の日程で約10名の青年と青年会チャプレンで小笠原を訪ねる予定でした。

しかし、ニュースで目にした方もいるかもしれませんが、この時期に台風15号が小笠原を直撃したのです。
それに伴い小笠原PJも中止を余儀なくされました・・・
さらに、小笠原聖ジョージ教会を一人で守ってきた牧師先生も現在体調を崩されている状況です。
全国の青年の皆さま、東京教区の青年活動を覚えてくださるとき、小笠原のことも一緒に覚えてお祈りしてくださると嬉しいです。

なんだかあまり楽しい報告でなくてごめんなさい!
東京教区の青年会では、毎月の第4土曜日の14時から東京諸聖徒教会にて「例会」として、みんなで聖書を読んでいます。正解を求めるのではなく、その日その時にそれぞれが感じたことを分かち合う、とても暖かい時間です。
皆さま、東京に来たときはぜひ顔をのぞかせてみてください!